ハーブ資格おすすめ情報まとめ

ハーブ資格おすすめ情報まとめサイトイメージ

ハーブティーも楽しめる!

MENU

ハーブティーの作り方

ハーブティーの作り方

ハーブティーは含まれている成分の効能だけでなく、独特の香りも心と体のバランスを整えてくれます

そんなハーブティーには、乾燥させたドライハーブと、生葉を使用したフレッシュハーブティーがあるのをご存知でしたか?

では、さっそくハーブティーの作り方を詳しくみてみましょう。

フレッシュハーブティーの作り方

ハーブが元気よく葉や茎を伸ばす季節は、フレッシュハーブでハーブティーを楽しめます。フレッシュな生葉は、ドライハーブとは異なった風味を味わえるのが魅力です。では、どのように作るのでしょうか?

まずハーブを摘み、それを洗います。1杯のハーブティーは、手のひらにひとつかみ程度のハーブが目安です。その後、ハーブをポットに入れて沸騰したお湯を注ぎ、蓋をして3~5分程度待ち完成です。

アイスハーブティーを楽しみたいときは、ハーブを少し多めにいれてホットよりも濃い目のハーブティーを作り、氷が入ったグラスに注いで一気に冷やすことで、色と香りが変わることなく美味しく楽しめるでしょう

ミント、ラベンダー、レモングラス、レモンバーム、ローズマリー、カモミールなどがおススメです。

ドライハーブティーの作り方

ドライハーブティーはその名前の通り、ハーブを乾燥させたものを使用します。自分でハーブを育てて乾燥させて作ることもできますし、すでに市販されているものを利用することも可能です。

ハーブを乾燥させることで、長期間保存できるというメリットや、栄養価や香りが高まるものもあります。ハーブティーを淹れる方法は、ティーポットにドライハーブと熱湯を入れ、蓋をして3~5分程度待ち、カップに注いで完成です。

ハーブティーのブレンド方法が学べる諒設計アーキテクトラーニングの通信講座

諒設計アーキテクトラーニングの「メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座」では、メディカルハーブカウンセラーとハーブインストラクターの2資格取得が目指せる講座を提供しています。

この講座では、体調不良や肌のトラブルなどさまざまな症状を改善へと導くハーブティーのブレンドレシピやその効能、美容にハーブを利用する方法、料理でハーブを使う方法など実際的な知識とスキルを習得することが可能です。

初心者の方でも学べる分かりやすいカリキュラムが採用されていますし、何度でも質問できる質疑応答サポート体制も整っています。講座を受講し、ハーブについて学んでみませんか?

まとめ

ハーブティーはとても簡単に淹れることができます。ハーブの特徴を理解し、症状を改善できるハーブを選ぶブレンドティーが作れるよう、講座の受講を検討してみるのはどうでしょうか?

メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座


  • トップ