ハーブ資格おすすめ情報まとめ

ハーブ資格おすすめ情報まとめサイトイメージ

ハーブティーも楽しめる!

MENU

ハーブスパイスの保管方法

ハーブスパイスの保管方法

さまざまな料理やお菓子などに使用できるハーブスパイスは、一度にはたくさん使うものではありません

そのため、使用した後はしっかり保管する必要があります。もし間違った方法で保管管理をしてしまうと、ハーブの独特な香りを失ってしまうでしょう。

では、どのように保管すればよいのでしょうか?ハーブスパイスの正しい保管方法をみてみましょう。

光を避けること!

ハーブスパイスの一番の天敵は紫外線です。そのため保管する際には、紫外線が当たらない場所に保管することが非常に大切です。なるべく暗い場所や冷暗所などに保管するのが適切と言えます。

また、密閉性の高いストッカーを利用したり、乾燥材などを入れたりするのも良いでしょう。常温ではなく冷蔵庫で保管する方が良いと思われれがちですが、それは正しい保管方法ではないのでやめましょう。

熱を避けること!

ハーブスパイスは、暗い場所や涼しい場所に保管するのが基本なので、ガスコンロなど熱を感じやすい場所に保管することは控えましょう

頻繁に使うハーブスパイスは、ガスコンロ近くに置いてしまいがちですが、熱に当たることで品質が劣化してしまうので、正しい保管方法で管理するようにしましょう。それによって、いつまでも新鮮なハーブスパイスを使えるようになるでしょう。

湿気を避けること!

シンクの下や冷蔵庫など、湿気のある場所に保管すると、ハーブスパイス自体にも湿気が移り、劣化が早まります。そのため、密閉できる容器やタッパーなどで、湿気を避けて保管することはとても大切です。

それによって、ハーブスパイスに一番大切な香りや風味を、長期間キープすることができます。ハーブスパイスを正しく保管することで、美味しい料理にさらに深みを与えられるでしょう。

まとめ

ハーブスパイスは、光と熱、そして、湿気を避けて保管することが基本です。このようなハーブに関する知識は、諒設計アーキテクトラーニングの「メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座」を受講することで、体系的に学ぶことが可能です。

この講座は初心者の方でも問題なく学べるようハーブの基本から、プロとして通用するレベルまで、ハーブの扱い方と楽しみ方の知識やスキルが学べるようになっています

この機会に講座の受講を検討してみるのはどうでしょうか?まずは諒設計アーキテクトラーニングへ、無料の資料請求からはじめてみましょう。

メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座


  • トップ