ハーブ資格おすすめ情報まとめ

ハーブ資格おすすめ情報まとめサイトイメージ

ハーブティーも楽しめる!

MENU

ハーブの効果と栄養成分

ハーブの効果と栄養成分

ハーブには豊富な種類が存在しており、わたしたちの身近なショウガやシソなども和ハーブに該当します

各ハーブに含まれている栄養成分は異なっているので、それらに期待できる効果や効能も異なります

では、誰もがご存じの代表的なハーブの効果と、その栄養成分をみてみましょう。

女性に大人気「パクチー」の効果と栄養成分

独特の風味が特徴のパクチーは、昔から薬用ハーブとして重宝されています。パクチーには多くの栄養成分が含まれていますが、その中でもフィトケミカルの含有量はスーパーフード以上に優れていると言われています。

また、ミネラル、ビタミン類、食物繊維、抗酸化物質、脂質なども豊富に含まれています。そのため、パクチーを摂取することで、コレステロールや血糖値の低下、消化吸収、抗菌剤などの効果を期待できます。

また、快眠効果やデトックス効果、天然の消臭剤の効果もあります。

イタリア料理に欠かせない「バジル」の効果と栄養成分

イタリア料理の定番ハーブと言えば、バジルです。バジルの特徴と言えば、その香りでしょう。では、どのような栄養成分が含まれているのでしょうか?

バジルには、抗酸化作用があるβカロチン、ダイエット効果を持つシネオール、殺菌作用が高いオイゲノール、そしてカルシウムが代表的な成分として含まれています。

バジルを摂取することで、健康維持効果、アンチエイジング効果、ダイエット効果、ストレス軽減効果などを実感することが可能です。

香辛料の定番「オレガノ」の効果と栄養成分

香辛料の中でもスパイシーな香りが特徴的なオレガノを料理に使用している方は多いことでしょう。オレガノには抗菌作用、抗酸化作用、疲労回復、消化促進、ヒーリング効果などが主な効果として知られています。

特にチモールとカルバクロールという抗菌作用のある成分が含まれているので、抗生物質と同じような効果があります。また、ビタミンCとビタミンEも豊富なので、アンチエイジン効果を期待できます

まとめ

いかがでしたでしょうか?誰もが知っている代表的なハーブ3つをみても、それぞれ異なる効果と栄養成分が含まれています。そのため、さまざまなハーブを摂取することで健康面と美容面の効果や効能を期待できます。

ハーブの特徴や利用方法についてさらに知りたい方は、諒設計アーキテクトラーニングの「メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座」の受講をおススメします。まずは無料の資料請求からはじめてはいかがでしょうか?

メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座


  • トップ