ハーブ資格おすすめ情報まとめ

ハーブ資格おすすめ情報まとめサイトイメージ

ハーブティーも楽しめる!

MENU

ハーブを上手に乾燥させる方法

ハーブを上手に乾燥させる方法

ドライハーブはすでに販売されているものを利用することもひとつの方法ですが、自分でハーブを栽培をして手作りすることも可能です。

正しい方法で上手に乾燥させると、長期保存も可能です。また、ハーブが少ない時期にも利用できるというメリットもあります。

では、ハーブを上手に乾燥させる方法についてみてみましょう。

ハーブを乾燥させる基本とは?

初夏から秋に収穫したハーブは、ドライハーブを作る最適な時期です。特に開花直前はハーブの香りが最も強くなる時期と言われているので、その時期に収穫することで、香りの強いドライハーブを作れるでしょう。

収穫する際のポイントは、その日の天気と時間です。最も収穫に適しているのは、晴れた日の午前中です。なぜなら、午後になるとハーブに含まれている精油成分が少なくなってしまうからです。

そのため、時間に注意して収穫することはとても大切です。

上手に乾燥させるポイントとは?

ドライハーブを上手に作るポイントは、できるだけ短い期間、時間でハーブを乾燥させることです。晴天の日にハーブを摘むことに加え、3日以上晴天が続くときを選ぶことで、ハーブを短い期間で乾燥させられます

乾燥させる方法はとても簡単で、ハーブを収穫したら簡単に洗い水分をふき取り、大きなザルなどの容器の上に広げ、日陰で風通しの良い場所に置くだけで、ドライハーブを完成させることができます。

ハーブについて学べる諒設計アーキテクトラーニングのハーブ講座

すでに多くの方が受講している諒設計アーキテクトラーニングの「メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座」は、メディカルハーブカウンセラーとハーブインストラクターの2資格取得が目指せるおススメの講座です。

ハーブの扱い方はもちろん、楽しみ方、ハーブを利用した料理や美容方法などハーブについて本格的に学べル講座内容となっています。

初心者の方でも問題なく学べるカリキュラムが採用されており、実際ハーブに触れて効果を実感しながら学習を進めることが可能です。

この機会に講座を受講し、ハーブのプロを目指してみませんか?

まとめ

諒設計アーキテクトラーニングの「メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座」を受講することで、ハーブを乾燥させる方法についても詳しく学ぶことが可能です。

2つのハーブ資格取得も目指せる人気講座です。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座


  • トップ