ハーブ資格おすすめ情報まとめ

ハーブ資格おすすめ情報まとめサイトイメージ

ハーブティーも楽しめる!

MENU

日本でのハーブの歴史と文化

日本でのハーブの歴史と文化

ハーブと聞くと西洋のイメージを持たれる方も多いでしょう。

しかし、日本にも和ハーブというものがあり、昔から人々の生活に薬草として取り入れられていたことをご存知でしょうか?

そして今では、わたしたちの生活に欠かすことができないものとなっています。では、日本でのハーブ歴史はどのように始まったのでしょうか?

病気治療に用いられていたハーブ

日本に現存する日本最古の歴史書・古事記には、多くの和ハーブの名前が登場しています。和ハーブを使い、傷跡を植物の力で治したことが記されています。

つまり、紀元前から薬草の効能を認めていた中国医学が、仏教伝来とともに日本に伝わってきたのと同じ時期に、日本でもハーブが病気治療として用いらるようになりました。そのため、日本でのハーブ歴史は、人類史の初期までさかのぼることが分かります。

日本でのハーブ文化

現代の日本はハーブを料理や飲み物として取り入れるだけでなく、健康の維持・増進や治療など、ハーブを医薬品の代用として利用することも多いです。

つまり、昔から利用されていたハーブが、現代になって注目され、メディカルハーブとして使用されるようになっています。また、ハーブの香りを生かしたスパイスも、もはや日本の料理には欠かせないアイテムとして親しまれています。

ハーブの歴史について学べる諒設計アーキテクトラーニングの「メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座」

すでに多くの方から支持されている諒設計アーキテクトラーニングの「メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座」は、日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の「メディカルハーブカウンセラー」と、日本安全食料料理協会主催の「ハーブインストラクター」の2資格取得に対応した講座内容を提供しています。

この講座ではハーブの基礎知識として、ハーブの歴史やハーブの成分、ハーブの扱い方、保存方法などを学べます。それに加え、ハーブティーの作り方やブレンド方法、ハーブを使った料理方法や美容方法など、ハーブに関して一通り学ぶことができます。

カリキュラムに沿って、自分のペースで進めるだけで、しっかりと資格対策ができるおススメの講座となっています。この機会に講座を受講し、資格取得を目指しませんか?

まとめ

西洋のイメージがあるハーブですが、日本では古代から和ハーブが病気治療として使われており、現代ではメディカルハーブとしてさまざまな種類のハーブが利用されています

ハーブの歴史や、それぞれの症状に合ったハーブの選び方は、諒設計アーキテクトラーニングの講座でしっかりと学べるようになっています。

メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座


  • トップ