ハーブ資格おすすめ情報まとめ

ハーブ資格おすすめ情報まとめサイトイメージ

ハーブティーも楽しめる!

MENU

資格の難易度と勉強方法

資格の難易度と勉強方法

ハーブを扱う仕事に就くため、ハーブ資格は求められていません。

しかし、ハーブに関する知識を身に付けることで、専門的な知識を活かし、楽しく働けるようになるでしょう。

また、自分や家族のため、ハーブ資格取得を目指してハーブを学ぶのも良いでしょう。

では、ハーブ資格取得は難しいのでしょうか?どのようにハーブについて勉強すればよいのでしょうか?

ハーブ資格とは?

民間のハーブ資格にはいくつかの種類が存在していますが、その中でもおススメのハーブ資格は、日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の「メディカルハーブカウンセラー」と、日本安全食料料理協会主催の「ハーブインストラクター」です。

この資格は、受験資格が定められていないので、誰でも自由に受験することが可能となっています。では、その難易度はどうなのでしょうか?

ハーブ資格の難易度

「メディカルハーブカウンセラー」認定試験の難易度はどのくらいなのでしょうか?

この認定試験はインターネットで試験の申し込みをし、自宅での在宅受験を採用しています。認定試験は年に6回、2ヶ月ごとに偶数月に実施しています。

合格基準は70%以上となっているので、比較的合格しやすい資格と言えるでしょう。では、「ハーブインストラクター」認定試験の難易度はどうでしょうか?

この資格もメディカルハーブカウンセラー同様、インターネットで試験の申し込みをし、自宅で受験します。偶数月に試験は実施されています。この資格も合格基準は70%以上なので、合格しやすい認定試験となっています。

ハーブ資格取得の勉強方法とは?

ハーブ資格の取得を目指し独学での学習も可能ですが、効率よく学べるおススメの勉強方法は、資格試験に対応している諒設計アーキテクトラーニングの「メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座」を受講することです。

この講座はメディカルハーブカウンセラーと、ハーブインストラクターの2資格に対応しており、初心者の方でも学べるべく、分かりやすいカリキュラムが採用されています。

実際ハーブに触れながら、楽しく学べるおススメの講座
です。まずは資料請求からはじめてみませんか?

まとめ

メディカルハーブカウンセラーとハーブインストラクターの2資格は、合格基準は70%以上なので、比較的合格しやすい資格となっています。それに加え、受験資格もないため、誰でも自由に受験できます。

しかし、合格するためにはしっかり勉強する必要があります。諒設計アーキテクトラーニングの講座を利用することで、効率よく学ぶことが可能です。

メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座


  • トップ