ハーブ資格おすすめ情報まとめ

ハーブ資格おすすめ情報まとめサイトイメージ

ハーブティーも楽しめる!

MENU

ハーブ栽培のコツと方法

ハーブ栽培のコツと方法

ハーブ栽培に憧れていても、いざハーブを育てることになると栽培方法が分からない・・という方も少なくありません。

ハーブは種から育てるたり、苗を購入して栽培する方法もありますが、ハーブ栽培の経験が少ない方は、苗からの栽培を始めることが無難かもしれません。

では、ハーブ栽培のコツとその方法についてみてみましょう。

日光にたくさん当てること!

多くのハーブが、日当たりがよい場所を好みます。つまり一日中、太陽がよく当たるところで栽培することで、ハーブはよく育つでしょう。

しかし、日当たりが良い場所ばかりとは限りませんが、ハーブは生命力がとても強いので、半日程度日が当たる程度で問題なく育ちます

ハーブの種類によっては日陰でもよく育つものもあり、かえって日陰の方を好むものすらあります。その代表的なものは、ミント、チャイブ、スイートバイオレット、シソ、ソレル、チャービルなどです。

水やりのコツ

多くのハーブは、もともと乾燥気味の地中海地方が原産のものばかりです。そのため、乾燥に強く、加湿に弱いので、少々乾燥気味にするのが水やりのコツです。

地植えの場合、植え付け前後にはしっかり水をあげる必要がありますが、その後は雨など、自然に任せておくだけでよく育ちます。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水をあげるようにしましょう。

毎日少しづつ水をあげてしまうと、根の周りが常に湿気のある状態となってしまい、根腐れしてしまうので注意しましょう。そして、水は葉や花ではなく、土にかけるのがポイントです。

肥料は?

ハーブは、地中海沿岸のやせた土地に自生していた丈夫な植物なので、肥料をあまり必要としません。種をまくときや苗を植え付けるときに元肥、成長の途中に追肥、ハーブ収穫後に礼肥をするだけで栽培できます。

また、鉢植えの場合、市販の土に赤玉や腐葉土を混ぜて土を作ることもできますし、すでに販売されているハーブの土や、プランターの土を使用することも可能です。

まとめ

ハーブ栽培は、比較的簡単なので、初心者でも失敗することなく育てられるでしょう。しかし、ハーブによっては1年草や多年草など異なっています。

各ハーブの詳しい栽培方法は、諒設計アーキテクトラーニングの「メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座」を受講することでさらに詳しく学ぶことが可能です。まずは無料の資料請求からはじめてみましょう。

メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座


  • トップ