ハーブ資格おすすめ情報まとめ

ハーブ資格おすすめ情報まとめサイトイメージ

ハーブティーも楽しめる!

MENU

ハーブ資格でできることまとめ

ハーブ資格でできることまとめ

ハーブ関連の資格にはいくつかの種類があります。

その中でも「メディカルハーブカウンセラー」と「ハーブインストラクター」は、すでに多くの方から高評価を得ている人気資格です。

では、これらのハーブ資格を取得し、それを活かすとすれば、どのような事ができるのでしょうか?

ハーブ資格とは?

存在しているハーブ資格はすべて民間資格で、国家資格はありません。

それぞれの資格には特徴がありますが、日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の「メディカルハーブカウンセラー」と、日本安全食料料理協会主催の「ハーブインストラクター」の2資格は、受験資格が求められておらず、だれでも自由に受験できる人気の認定試験となっています。

では、これらのハーブ資格取得後、資格を活かしてできることをみてみましょう。

資格を活かしてハーブ教室を開講できる!

近年、ハーブの中でも健康や美容に効果があるメディカルハーブが注目されています。メディカルハーブは薬と違い、即効性はありません。しかし、人間に本来備わっている治癒力をサポートすることができるうえ、副作用なく安全に利用できるのも人気の理由です。

そのため、メディカルハーブの知識を持っているメディカルハーブカウンセラーは、あらゆるハーブをその人の状況や症状に合わせてアドバイスする人として需要が高まっています。

自宅でハーブ教室を開講することも可能なので、すでに副業として活躍している方は多くいらっしゃいます。

ハーブ関連店舗で有利に働ける!

ハーブ資格の取得を目指して学んだ知識は、ハーブやハーブティーなど取り扱っている店舗などで、実務で活用することが可能です。

たとえば、店舗にいらしたお客様に、そのニーズに合ったハーブを提供することや、ハーブの栽培方法、ハーブの利用方法など、具体的な提案もできるようになります。

また、ハーブを使って、さまざまな症状の改善に役立つハーブティーのブレンドや、ハーブを利用した料理を提供することも可能です。

まとめ

メディカルハーブカウンセラーとハーブインストラクターの2資格は、受検資格がないため、誰でも認定試験を受けることが可能となっています。

これらのハーブ資格があることによって、学んだ知識と巣スキルを活かし、自宅やカルチャースクールなどで講師として教室を開講したり、ハーブを扱っている店舗で活躍することが可能です。

独学で資格取得を目指すこともできますが、資格試験に対応している諒設計アーキテクトラーニングの「メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座」を受講すれば、効率よく資格取得を目指せます。

メディカルハーブカウンセラーW資格取得講座


  • トップ